NEWS

ナツ・ブレンドの味わいをつくる『タンザニア産のコーヒー豆』

キリマンジャロ農園はタンザニアでも最も古い歴史のある珈琲農園の一つです。 1890 年代にブルボン種のコーヒーが持ち込まれ、キリマンジャロ山の南面陰という地理的条件と、涼しい気候のもと、キリマンジャロコーヒーを名乗るにふさわしいコーヒーを安定して生産し続けています。

農園のある土地は氷河の流れで理想的に灌漑され、火山性土壌による肥沃な大地の恩恵を受けた、コーヒーの栽培に最適な環境となっています。その環境に頼るだけでなく、熟度の統一されたコーヒーチェリーを収穫すべく、全て手摘み、かつ完熟していない実は摘み取らず、次回の収穫に回すという、チェリーの段階から厳しい選別を行います。その後 のチェリーの水洗、発酵にはキリマンジャロのクリーンな湧き水を使い、発酵過程においても過発酵のないように、細かくロット毎に分けて品質を管理しています。

約595 ヘクタールで約 120 万本のコーヒーが栽培される大農園ですが、実は野生動物が行き来できるように残されている原生種のシェードツリーも共生する、自然と調和しつつ、かつ品質の向上に常に野心的に貪欲にコーヒーを栽培する農園です。

現在はキリマンジャロの一流コーヒー農園としての側面だけでなく、社会的設備の整備(地域学校、病院への寄付、キリマンジャロ山から流れる 水を引くための用水路拡張、農園従事者が日用品調達の為、遠くまで移動する労力を軽減するための日用品雑貨屋の運営)にも積極的に参画、コーヒー栽培を通じて地域の雇用とそれに紐づくコミュニティ全体のサポートを行っています。
-----
タンザニア
キリマンジャロ農園 AA
-----
地域:
キリマンジャロ山南斜面
(South Slope of Mount Kilimanjaro)

生産者:
キリマンジャロ農園
(Kilimanjaro Plantation)

標高:
1050-1400 masl

品種:
ブルボン ケント ティピカ ブルーマウンテン
(Bourbon, Kents, Typica, Blue Mountain)

精選方法:
フリー ウォッシュト(fully Washed)

選別:
100 %手摘み 天日干し
(100h andpicked, Sun dry)